ローリー・J・ナティウク弁護士が入所します

2012年11月1日

ローリー・J・ナティウク弁護士(アソシエイト)が当事務所の家族法グループに加わります。

ノースウェスト準州及びアルバータ州において、17年間にわたり個人事務所を運営してきたナティウク弁護士は、主に家族法分野の訴訟で30年近い経験を有する弁護士です。離婚、親権、面接交渉権、扶養料問題、夫婦財産、慰謝料支払にかかる相互承認、州をまたいだ扶養料支払命令、各種仮処分、養育費問題、養子縁組、婚姻無効手続、婚姻法に基づく意思表示、婚前及び結婚後における夫婦財産契約など、多岐にわたる家族法関連案件においてクライアントを代理してきました。

ナティウク弁護士は、1978年カルガリー大学において細胞生物学及び分子生物学で学士号を、1981年アルバータ大学においてカナダ史及び英語で学士号を取得後、1984年にアルバータ大学で法律の学位を取得しました。

カルガリーオフィスマネージングパートナー
トレヴォー・ウォン・チョー

250名以上の弁護士が在籍するデイビスLLPは、カナダ及び東京*にオフィスを有し、ワンストップのサービスを展開する法律事務所です。多くの法律事務所が手掛ける分野のみならず、ニッチな分野においても専門家を有し、クライアントのみなさまに当事務所ならではの価値あるサービスを提供しています。Chambers Globalにおいて当事務所は、「経営に無駄がなく規模以上に競争力のある事務所。カナダ及びアメリカ企業に強力な顧客基盤を有し、複雑な国際案件に頻繁に関与している」と評されています。

* 高橋&デイビス法律事務所・外国法共同事業